シャッターの落ちない二眼レフから始まった写真人生 第二回
杵島隆氏 顔写真 写真家 杵島隆氏(きじま たかし)
1920年  アメリカ・カリフォルニア生まれ
1938年 鳥取県立米子中学校卒業
1942年 日本大学芸術学部映画科卒業
1945年 第13期海軍飛行予備学生 海軍中尉・従7位
1991年 勲4等瑞宝章
東京写真文化館館長
日本写真著作権協会理事
日本広告写真家協会名誉会員

受賞:朝日広告富士最優秀作家賞
毎日広告写真賞
ライフ広告賞(アメリカ)
日本写真協会年度賞・功労賞
ほか
個展:「裸」「ニューヨーク ハートビート」「砂の伝説」「蘭」「蘭花曼荼羅」「義経千本櫻」「菅原伝授手習鑑」「杵島隆展」ほか多数

作品集:「蘭」「義経千本櫻」「蘭・百花譜」「四季 新宿御苑」「桜の四季」「裸像伝説」ほか多数
* パートナーは、いただき物。気分屋の二眼レフカメラだった
杵島さんが写真というものに触れたきっかけは、実に他愛のないことからでした。終戦の混乱の中、残務整理のためにまだ九州にとどまっていた頃、杵島さんは、下宿先にいた知り合いから二眼レフのカメラを譲り受けます。その人は大阪から疎開していた人で、終戦となり大阪に戻ろうというときに、もう会うことはないと思ったのか形見分けにと言ってそのカメラを杵島さんに渡したのです。
「僕にとっては、それが初めてのカメラだった。しかし、そのカメラは気分屋で、機嫌が良くないとシャッターが下りないようなカメラだった。そのカメラを使って生きていこうなどと思いもしなかった。最初は投げっ放しにしていたんだが、航空写真を撮るためのフィルムがたくさん残っていた。もう使う必要のないフィルムを、カメラのサイズに切って撮影してみた。そうしたら意外にうまいこといって調子よく写る。それで撮影するようになった。そうこうするうちに、東宝へ戻ろうと帰っていったら、撮影所のストライキで、みんなが赤旗を振っている。その姿を見たら、昨日まで特攻だの何だのといっていた自分としては馬鹿馬鹿しくなってね。米子で畑でも耕して生きようかと思ったんだ。それで、米子へ帰った。ちょうど米子空港の土地が自分の土地で、政府が元の地主に返すということもあったから。」
そこで、米子の文化サロンともいうべき場所があることを知ります。師匠となる植田正治という写真家の家でした。彼は、営業写真家として米子で独自の活動をしていました。そこに、新しい息吹きを感じながら、何かをやりたいという若者達が集まるようになっていたのです。植田さんの家に様々な情報や人が集まり、それがやがて集団で写真を撮るという活動になっていきました。こうして、戦後のアマチュア写真家集団の第一号となったのです。
「その頃は何でもかんでも撮っていた。しかし、難物のカメラ、シャッターの落ちないカメラであるがゆえに、撮る対象は動きのないものが良いと考えた。それで、自分の婆さんに目をつけたわけさ。婆さんは、じっとしていてくれる。その作品を北原白秋が作ったアルスという出版社が出していた雑誌『カメラ』に投稿したら、その審査員だった土門拳の目にとまり、大変優れた作品という評価を受けることになった。」
これが、写真家杵島隆の始まりでした。当時中央では、土門拳はリアリズムの写真家として有名な人でした。それだけの評価を受けた杵島さん本人は、そもそもリアリズム写真というものが一体何なのかさえ、さっぱりわからなかったといいます。
「ただ、ピントがビリビリっと合っているものがリアリズムなのかなあ、くらいのものだった。爺婆写真家なんてよばれたりしたよ。」
とはいえ、『山陰に写真家杵島アリ』という評判は中央の写真家達を大いに刺激したことは確かなようです。懸賞写真に投稿すれば、次々に認められ、賞金稼ぎの常連となったのです。
けれど、杵島さんはここにおいても、山陰の写真家杵島隆に過ぎず、未だ中央に駆け上ろうとはしません。この後、満を持して上京するとき、何と杵島さんはその時代まだまだ未開の分野であった広告写真家として、米子から中央の舞台へ登場するのです。
真珠の首飾りを持つ女
「真珠の首飾りを持つ女」1948年
老婆像
「老婆像」1950年
朝鮮戦争がもたらしたアメリカの広告写真というもの
日本の敗戦から十年あまり。再び日本は「戦争」というものと向かい合うことになります。1950年代。アメリカの占領地であった日本は、朝鮮半島で勃発した朝鮮戦争に参戦したアメリカ軍の補給基地として、重要な役目を担うことになります。そのため、杵島さんの住んでいた米子は、日本海に面し、朝鮮半島に対して最も重要なポジションの空港として選ばれ、同時にアメリカの軍隊が駐留することとなったのです。
「僕の住んでいた土地も飛行場になった。そのために、幾つかのトラブルがあった。今思えば、一緒に畑なんかをやっていた仲間たちは、血気盛んな年代の、それも死にぞこない連中ばかりだったから、突然始まった戦争とそのためにやってきたアメリカ兵に、それまでの仕事を奪われるような形になってね。こんちくしょうという気持ちもあったのだと思う。駐屯したアメリカ兵との諍いが生じてにっちもさっちもいかなくなった。それで、僕と米子市の役人とアメリカ軍とで話し合いが持たれた。僕の要求は一つだけ。生活の糧を突然奪われるわけだから、この連中を米子に駐屯しているアメリカ軍で雇えというものだった。それも最高の待遇、給料でね。」
この交渉は大成功を収めました。杵島さんを慕って共に生活していた仲間のほとんどは、アメリカ軍に就職することとなったのですが……
「それがね(笑)最高級の待遇の役職というのが、何と通訳の仕事だった。あいつら、それからA,B,Cで大変だった。落語みたいなオチだったんだ。」
しかし、彼らはその道を選んだことによって、後年本土アメリカで飛行訓練を受け、その結果、日本の航空自衛隊誕生の礎となったのです。杵島さんは、仲間たちの行く末導きながら、写真とともに淡々とした暮らしを紡いでいました。
「アメリカの兵隊たちが、僕が写真をやっているということがわかると、自分の写真を撮ってくれとか、DPEをやってくれとか、しょっちゅうやってくるようになる。すると、お礼のつもりなのか、兵隊たちのところに届いていた雑誌を、僕にプレゼントだといって置いていくんだな。それが、アメリカン・ヴォーグとかタイムとかバザーとかいう雑誌だった。そんな雑誌、その当時は東京の写真家でも手にすることはできなかった。僕はその雑誌で、初めて広告写真というものを知ったんだ。そしてね、日本にもこんな時代がすぐにやってくるだろうと確信したね。」
それまでの写真の経緯の中で、土門拳と植田正治という日本の写真界を作り上げた二人に師事し、写真家としての礎を築いてきたその上に、杵島さんはアメリカン・コマーシャル・フォトというスパイスを知ることになったのです。
「アメリカの雑誌を手本に、色々な試作をしてみた。レイアウトとか現像の技術とか。ある意味で、日本における広告写真の出発点みたいなものは、米子のこんな小さな地方都市から発信されたといっても良いのかもしれないな。」
1952年。杵島さんの作品の多くに登場していた、祖母あきさんが亡くなります。それがきっかけだったとは、決して言葉に出すことはない杵島さんですが、育ての親ともいうべき祖母の死が、区切りとなったであろうことは確かなことのように思えます。そして、翌1953年。杵島隆は上京。クリエイティブ・プロダクションの名門、『ライトパブリシティー』へ入社するのです。広告写真家としての旅立ちは、33歳の秋のことでした。
壮年を前にしての上京、そして広告界への転身。このことは大きな論議を呼んだのです。それまで、地方にあって一写真家として高く評価されていたにも関わらず、「広告屋に成り下がって」といった非難でした。広告業界はまだまだ認知されない時代だったといえるでしょう。その世界で杵島さんは、脳裏に焼きついていたあのアメリカの雑誌広告の世界を、ライトパブリシティという舞台で次々に具現化していくのです。
日も元気だたばこがうまい
日本専売公社ポスター
「今日も元気だたばこがうまい」1957年
日本専売公社たばこのパブリシティ用写真
日本専売公社たばこのパブリシティ用写真
(モデル/扇千景)1958年頃
※ページ中写真すべて(顔写真を除く)撮影:杵島隆氏
取材・構成 高橋伴子
次回へつづく(第一回へ→
Copyright (c) 2001 i-sys.ne.jp All rights reserved.